2013年01月14日

小路裕介が前とは違う記者のイメージを教えるについて

小路裕介が前とは違う記者のイメージを教えるについて

こんにちは、小路裕介でした。

今回は、小路裕介が新聞記者の最初の配属先について紹介します。

最初の配属について紹介します。

小路裕介が教えます。

新聞記者の仕事は、新聞を開いてお分かりのように、政治、経済、国際問題、社会、生活、教育、文化、スポーツに分かれています。

私、小路裕介みたいな暮らしに関係するあらゆる分野を対象としています。

それらのすべてに精通することは不可能であります。

小路裕介は、入社後、段階を追って仕事に慣れていきます。

一般紙の場合、通常は、社内研修を経て、地方支局に配属されるか、あるいは、教育訓練を兼ねて、校正・校閲部、紙面編集部等の内勤記者として配属されます。

私、小路裕介みたいな内勤記者の場合、仕事ぶり、適性によって、将来、取材記者に出ることが多いようです。

校正・校閲の仕事は、単に字句の修正だけでなく、事実関係の確認、文章構成、見出しのつけ方など、新聞記事作成の基本を学べる絶好の場といえます。

以上、小路裕介でした。

次回は、支局記者について紹介します。





小路裕介 記者 小路裕介カメラ 小路裕介スクープ 小路裕介 取材 小路裕介ジャーナリスト 小路裕介メディア 小路裕介 報道 小路裕介マスメディア 小路裕介 撮影 小路裕介 雑誌 小路裕介 政治 小路裕介 新聞 小路裕介 感動 小路裕介 原稿 小路裕介コラム
posted by 小路裕介 記者 at 18:46| 小路裕介 記者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする